space
Antiquescopyrights
backgroundspacebackground
spacespacespace
spaceribbonspace
Herald Tribune asahi
Japanese People Do Not Know Japan
space space space
「天皇陛下」

多くの外国人と日本人が日本古来の「神道」と混同している「国家神道」の発生は、江戸末期(1853年)にアメリカ海軍の艦隊が浦賀沖に現れ、補給のための寄港と交易を要求した、いわゆる「黒船来航」に遡ります。当時の為政者であった徳川幕府は、オランダからの教書によってアジアや新大陸における欧米列強の武力による植民地支配の情報を得ており、幕府は大局に鑑みて独断で修好通商条約の締結に応じ、事実上日本は開国します。
 
それを不満に思う一部の武士がテロや暗殺行為を起こし、外国に門戸を開放する「開国派」と、国交や外国人の受け入れを拒否する「攘夷派」に分かれた騒乱が始まります。このような流れには、徳川幕府の縁戚である水戸の徳川家の思想「水戸学」から出た「尊王攘夷」思想があり、また、時の孝明天皇や公家達が開国を「善し」としていなかったという背景がありました。そして、開国に対する不満は、同時に徳川政権自体に不満を持つ有力な大名や公家達を結び付け、後に徳川幕府が政権を返還する「大政奉還」へと繋がるのです。
 
祭主の長

アメリカの内戦である南北戦争によってアジア進出に「待った。」のかかったアメリカと入れ替わるように、アジアを海岸つたいに植民地化してきたイギリスは、アヘン戦争によって中国清朝から香港を割譲すると、次にその矛先を日本に向け、交易を表看板にして日本の覇権争いに参加します。しかし、この日本という島国には、武士という戦闘集団がおり、海に囲まれていることから兵站の補給もままならないことから武力による統治は難しいと判断し、国内の勢力を分断して統治する戦略に切り替えます。
 
徳川幕府に積年の恨みを持つ大名の一つ薩摩藩は、黒船来航当初は外交や外国人の受け入れを拒否する「攘夷論」を建前としており、横浜の生麦で薩摩藩の大名行列の邪魔をしたという理由で、英国人を斬り殺すという事件を起こします。その報復のために派遣された英国の大艦隊に九州の南に位置していた薩摩藩は完膚なきまでに叩きのめされ、その圧倒的な軍事力を目の当たりにした薩摩藩は、掌を返した様に開国論に傾き、英国に対して賠償金を支払う流れの中で、英国と密貿易を始めます。このような薩摩藩の開国への方向転換が他の開国論を唱える勢力と結び、徳川政権に不満を持つ公家などを巻きこんで幕府からの政権の奪取を画策し始めるのです。
space
「人格神」

物事には「良い悪い」、「善悪」はなく、それは、どちら側から光を当てるか、どのような立場から物事を見るかによって大きく変わります。19世紀末の国際的な国家戦略では、欧米から見て近代化の遅れた南米やアジア諸国は、胡椒や生糸などのさまざまな産物を生産すると同時に、自国の文明や金融システムを持ちこむことで大きな利益を上げられる存在であり、先進国が自国の国益を重視すれば、武力や金融による未開の国の植民地化は必然の流れでした。
 
当時の植民地化の一つの手段として、先ずは船舶の水と食料の補給のための寄港と交易、領事や宣教師などの駐在、当事国の王室や政府との関係構築にはじまります。その後、先進国の費用で相手国の優秀な若者達を留学などの名目で連れ帰り、自国の文明を見せて近代化の重要性を説き、法律や政治制度、貨幣や金融制度を教育します。そこで、先進国の近代化を目の当たりにした若者達は帰国後、自国の近代化のために命を懸けて働き、先進国はその後押しをして傀儡政権を打ち立てるのです。これは、武力による支配の難しい国をその内部から崩壊させるための国家戦略であり、ある意味では今でも続く外交戦略の常套手段なのです。
 
「天皇陛下」と「国家神道」

先進国から見れば、当時の日本は未開の国であり、前項のような外交戦略は当然の事として行われました。まだ一般人の海外渡航が禁じられていた時代に、薩摩藩などの下級武士達は密出国して英国に渡り、圧倒的な近代文明を目にした若者達は帰国後に自国の近代化のために動き出すのです。確かに、当時命がけで海を渡って多くを学び、日本の近代化のために尽くした勤皇の志士達の志は尊く、名もなき人々をも含めた彼らのお陰で日本の近代化は他のアジアの国に比べても逸早く達成します。
 
しかしながら、私は歴史を理解しようとする時、いわゆる「勝者の書いた歴史」でなく、疑いようの無い歴史的事実に基づき、商人という立場で、その歴史の裏で「誰が儲けたか。」という穿った見方をします。日本においても、幕末から明治初期にかけての国を二分する激しい内戦と、その後の明治新政府の樹立や近代化の過程において、その裏で武器や資金の提供、そして多くの利権を得た勢力が存在したことを知るべきだと考えています。
 
つづく
space
footer
space
space
space