header
top English language Japanese language

富士鳥居トップ > English | Japanese
株式会社富士鳥居は、生業の古美術ばかりでなく、創業100年の知識と経験を活かし、現代の画家・工芸家と共に真面目な美術品・工芸品の企画・制作をし、作家・産地との直接取引によって真面目な価格にて販売いたしております。
日本製の手造り・手描きにこだわり、親子三代「心に語りかける美」追求し、今日の他のアジアの国で作られたコピー商品の氾濫する中で、日本の二千年の歴史と文化に裏打ちされた「日本の手技」を守りたいと考えております。
原宿・表参道に面して店舗があり、このウェブサイトに掲載した商品はすべて手にとってご覧いただけます。また掲載した古美術・屏風・掛け軸・伊万里・九谷・薩摩・銅器以外にも多くの商品があり、便箋やお香など、ちょっとした「和の小物」もございます。
弊店は日本国総理大臣から外国の国賓への贈答品としてご利用頂いております。また日本人のお客様はもとより、各国の在日大使館員や在日外国人の方々にも多くご利用頂いており、各種公的機関や企業の皆様にも安心してご利用いただけます。
ここウェブサイトに掲載の商品は海外からのご注文や発送も承っており、個人の皆様ばかりでなく、お仕事上の各種贈答品・記念品、また海外への贈り物や和のお土産などにも、是非一度、弊店の真面目な美術品・工芸品をご覧頂きたく願っております。


お問い合わせは、お電話または電子メールにてご連絡ください。担当の者よりご連絡させていただきます。
fuji.torii.japan@gmail.com
公式インスタグラムで最新情報をお知らせしています。ぜひご覧ください。

株式会社 富士鳥居
代表取締役 栗原 葉子
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 6-1-10
TEL: 03-3400-2777
FAX: 03-3400-5777

営業時間:午前11時から午後6時
定休日:毎週火曜、第3月曜日
最寄りの駅:東京メトロ千代田線 明治神宮前駅
JR山手線 原宿駅
キデイランド隣り


株式会社富士鳥居は、先代の祖父、栗原角次郎が浅草に、父、啓助が銀座に古美術の店を開業したのを始めとして、1949年に現在の地、原宿・表参道に面して創立されました。
この富士鳥居と申します屋号は、先代の父が戦後間もない昭和23年にこの地に立った折、一面焼け野原だったこの場所から、富士山と明治神宮の鳥居が見えたことに由来しております。現在の地に移りましてからは、生業の古美術ばかりでなく、新作の絵画や美術工芸品の企画・制作・販売を手懸けて参りました。
当時は大戦後の混乱から、まだ日本国内での古美術の需要は少なく、父・啓助は古美術の販売ばかりでなく、店の業態をいち早く在日米軍の高級将校や海外に向けたものに変え、現在の代々木公園から代々木体育館、NHK一体に広がっていたワシントン・ハイツと呼ばれた在日米軍の将校住宅の近くに店を移す決断をいたしました。
今日の表参道はニューヨークやパリ、またミラノの中心街にも見劣りすることの無い街になりましたが、当時の表参道には店舗などほとんどなく、知人達の「こんな場所で商売が成り立つのか。」との声に、父は開業前に、現在でも弊店に従事しております弟・徳助を焼け野原の表参道に座らせ、ワシントン・ハイツとGHQとを行き来する車の数を数えさせたといいます。
昭和二十年代から三十年代にかけて弊店は、横田や立川、三沢や箱根、さらに当時は東洋一と言われたホテル・ニュージャパンに店舗展開いたしました。しかし日本の美術工芸に携わる作家や職人の減少と共に、商品の質・量共に維持することが難しくなり、質を維持するか、支店を維持するかという選択に迫られ、現在では本店だけでの営業をいたしております。お蔭様で70年余、「先ずは美術商として恥ずかしくないものを売りたい。」という、このような先代の姿勢が現在でも皆様の評価に繋がっているものと自負し、私もこの姿勢を守る決意を新たにしているのです。
ワシントン・ハイツは昭和39年の東京オリンピックに向けて変換となりましたが、弊店はその後も各国の大使館や在日の外資系企業の皆様のご利用を頂き、外務省儀典官室認可による在日大使館員免税や非居住者の消費税免税店として、日本人のお客様ばかりでなく、現在でも在日外国人を始めとして多くの外国人の方々にもご利用頂いております。開業より富士鳥居は一貫して、日本製の手描き・手造りにこだわり、日本人のお客様はもとより、外国人の方々にこそ日本人として誇れる美術品をお届けしたいと願い、これからも数ある美術品の中から、より厳選した商品をお届けして参ります。
日本人はむしろ在日の外国人の生活に見習うべきかもしれません。日本の歴史と文化に裏打ちされた和の美を、現代の生活の中にどのように取り込み、どう継承していくべきか、ここには一つの正解があります。本物の美術品はたった一点でお部屋の雰囲気を決定します。
日本美術の余白を生かした美しさは、お部屋のディスプレイにも通じます。無駄を省いた美、それが日本の美の真髄です。

すべての人が日本の美しさ、そして日本という国の本質を理解することが私の願いです。
富士鳥居 先代店主 栗原直弘

日本は本当に美しい国です。純粋な水と豊かな自然に恵まれ、人々はさまざまな季節と2000余年の伝統と文化によって育まれてきました。このコラムでは、日本独特の美しさに対する研ぎ澄まされた認識から生まれた日本の絶妙な芸術品を通じて、日本がどのような国であり、どのようにあるべきかをお伝えしたいと思います。

初出:ヘラルドトリビューンインターナショナル朝日

シリーズ : 日本人の日本知らず
vol.01 vol.02 vol.03 vol.04 vol.05 vol.06 vol.07
vol.08 vol.09 vol.10 vol.11 vol.12 vol.13 vol.14
vol.15 vol.16 vol.17 vol.18 vol.19 vol.20 vol.21
vol.22 vol.23 vol.24 vol.25 vol.26 vol.27 vol.28
vol.29 vol.30 vol.31 vol.32 vol.33 vol.34 vol.35

富士鳥居がWEBサイトを開設した理由

真の国際化と日本
株式会社 富士鳥居
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前
6-1-10 MAP 
  最寄りの駅:
東京メトロ千代田線 明治神宮前駅
JR山手線 原宿駅
キデイランド隣り
  TEL: 03-3400-2777
FAX: 03-3400-5777
営業時間:午前11時から午後6時
定休日:毎週火曜、第3月曜日
 
Copyright (c) 2002-2019 FUJI-TORII All Rights Reserved.



ペ ー ジ
上 部 に
戻 る